New Internationalist

Peace Week in Kunitachi 2010 (Film Festival)

東京・国立市で今週末から行われる平和映画祭のお知らせです。
見たかった、見逃した映画をこの機会にぜひどうぞ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【転送歓迎】    9/18(土)~9/26(日)     

┃         ピースウィークinくにたち2010    

┃         "まちじゅうが映画館"平和映画祭     

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       

「平和をわたしたちの手で!」というテーマのもと、2005年 春にスタートした「ピースウィークinくにたち」。2006年春第2回、2008年秋第3回(36企 画 1200人)と、規模も参加団体・参加者数も広がりました。

しかしながら、「普天間基地移設」ひとつをとっても、日米軍事同盟の枠組みから一歩も脱却できない日本国家の有り様、原発に頼ったエネルギー政策、第一次産業の壊滅的状況などなど、家庭や地域社会を疲弊させています。

そこで、「平和はわたしたちの手で へいわを私たちの手に」して いくために、今年2010年、第4回ピースウィークを開催します。今回は実行委員会企画として"まちじゅうが映画館"と称し、9月18~26日、9本の映画を市内各所で上映します。ご期待ください。

 ■5日間、すべての作品が鑑賞できるお得なパスポート券は限定 350枚

  市内協賛店およびピースウィーク2010実行委員会にて発売中!

  パスポート券 2000円(高校生1000円/中学生以下無料)

     一日券 前売り1000円・当日1300円・高校生 500円

  ■主 催 ピースウィークinくにたち2010実行委員会

 ■連絡先 TEL/FAX:042-573-4010(スペースF気付)

      :kunitachipw@mail.goo.ne.jp

 ■後 援 国立市 、国立市平和都市宣言10周年記念事業

■映画祭の他、街のあちこちで10月末まで多彩な18イベ ントを開催します


────────────────────────────────
 ■9月18日(土)@くにたち福祉会館(JR国立駅20分・谷保駅10分)
  ・『ミツバチの羽音と地球の回転』(鎌仲ひとみ監督/2010 年/135分)
    エネルギーと自然環境の未来への希望を描いた話題の新作!
   (1)13:00~15:15 (2)18:15~ 20:30
  ・鎌仲ひとみ監督トーク
   (1)15:30~ (2)20:30~
  ・『ヒバクシャとボクの旅』(國本隆史監督/2010年/ 64分)
    国立出身、1980年生まれの若手映像作家の作品
   (1)11:00~12:00 (2)17:00~18:00
  ・鎌仲ひとみ×國本隆史 トークセッション
   「ドキュメンタリーの可能性~思考停止を破るカメラ」
   15:50~16:30

────────────────────────────────
 ■9月19日(日)@くにたち市民芸術小ホール(JR谷保・矢川駅10分)
  ・『不確かなメロディー』(杉山太郎監督/2001年/93分)
   忌野清志郎主演の映画、国立凱旋上映!
   18:30~20:00
  ・杉山太郎監督×今井智子(音楽評論家)トークセッション
   「清志郎がマジ(カ)で伝えたかったことは何?」
   20:10~20:50

────────────────────────────────
 ■9月20日(月/休)@木乃久兵衛:キノ・キュッヘ
(JR国立駅15分)
  ・『死んどるヒマはない―益永スミコ86歳』(ビデオプレス/ 2010年/70分)
   軍国少女だった益永さんの圧倒される生き様
   (1)14:00~15:10 (2)15:30~16:40 
  ・益永スミコさん&制作者トーク
    16:40~17:40

────────────────────────────────
 ■9月23日(木/休)@商協ビルさくらホール
(JR国立駅1分)
  ・『未来の食卓』(ジャン=ポール・ジョー監督/2008 年/112分)
   給食を全てオーガニックにした南仏の小さな村の話
   (1)14:00~15:50 (2)18:00~19:50
  ・生産者・流通関係者らによるパネル・ディスカッション
   「みんなで語ろう! くにたちの食卓」
   16:10~17:30

 ────────────────────────────────
 ■9月25日(土)@くにたち郷土文化館(JR矢川駅7分)
 ・『水になった村』(大西暢夫監督/2007年/92分)
   ダム建設がすすむ岐阜・徳山村に残る人々の暮らし
   (1)10:30~12:00 (2)16:00~17:30
  ・『アボン 小さい家』(今泉光司監督/2007年/111 分)
   笑いと涙と風刺が詰まったフィリピン劇映画
   (1)13:00~14:50  (2)18:00~ 20:00(監督メーキング版)
  ・今泉光司監督トーク
   (1)15:00~15:45 (2)20:05~20:50

────────────────────────────────
 ■9月26日(日)@一橋大学・西本館教室(JR国立駅7分)
  ・『ディア・ピョンヤン』(ヤン・ヨンヒ監督/2005年/ 107分)
   祖国に全てを捧げる父と娘の長い葛藤と対話
   (1)10:30~12:20 (2)14:00~15:50
  ・ヤン・ヨンヒ監督トーク「私が触れた素顔の北朝鮮」
   12:20~12:50
  ・『パリのモスク~忘れられたレジスタンス』(デリ・ベルカーニ 監督/
1991年/26分)
   アルジェリア系フランス人監督の日本未公開作品
   (1)13:00~13:30 (2)16:00~16:30
  ・翻訳者(池田真理さん)解説
   (1)13:30~13:50
────────────────────────────────

NIジャパン

 

Comments on Peace Week in Kunitachi 2010 (Film Festival)

Leave your comment