New Internationalist

Reporting session about bees

ミツバチのために今できることフォーラム(by NPO「みつばち百花」)

昨年NIでも取り上げたように、花粉媒介に重要な役割を果たすハチの大量死・大量失踪が2006年から世界的な問題となっています。

原因は複合的で諸説ありますが、特に大量失踪(蜂群崩壊症候群CCD)の原因特定の決め手となる証拠はまだ見つかっていません。現状と対策について詳しくは、NI日本版113号昨年書いたブログをご覧ください。

さて今回、NPO「みつばち百花」からこの土曜日に行われるフォーラムの案内が届きました。この団体は、蜜源・花粉源植物を増やしてミツバチと人間が共存できる環境づくりをし、持続可能な社会を目指して活動しています。会場もこのテーマにぴったりの素敵なカフェですので、ぜひ参加してみてください。



<ミツバチへの恩返し大作戦>
みつばち百花プロジェクト立ち上げ・フォーラム
「第1弾 ミツバチのために今、できることとは?」
~ ハチミツ王子とともに探る養蜂の現状と課題 ~
日時:2010年1月23日(土) 午後1時半から(午後4時終了予定)
会場:カフェスロー(東京都国分寺市)
参加費:事前申込みの場合 2000円(ワンドリンク付き)、当日2300円
詳細はこちら

NIジャパン「ハチはどこへ行った?」

A Japanese NPO called "A Thousand Flowers for Bees" will have a reporting session about bees on this coming Saturday

In the session, a beekeeper speaks about Japanese beekeepers' situation today, and there is a report about the project planting flowers and trees for bees in Kokubunji city, Tokyo.

This NPO aims to achieve a sustainable society by building natural environment necessary for the coexistence of people and bees. For that purpose, A Thousand Flowers for Bees are doing activities to increase flowers and trees, which are bees' source of food ( honey, pollen, etc). 

If you don't know why bees are so important for us and nature, just read my previous blog and NI No.425 "Vanishing bees".

> NI Japan "Vanishing bees" page

Comments on Reporting session about bees

Leave your comment